遊心 人気 焼肉 創作和食 浜町 人形町 隠れ家 家族連れ

スポット
この記事は約3分で読めます。

遊心

遊心は浜町駅からすぐ、浜町公園のそばにあります。

お店の名前はあそびごころと読むそうで、お料理も季節の食材を使った遊び心のある創作料理が多く行くたびにそのときのおすすめがいただけます。

当日の日曜日18時ごろに連絡したところ、19:30ごろなら案内できそうとのことで、空き次第電話をもらえるということでした。

待っているとちょうど19:20ごろにお会計に入ったお客さんがいるので10分くらいで案内できますという連絡をもらい、お店にうかがいました。

小さいお店なので早めの予約が確実のようです。

お料理

季節野菜のキムチ

9月に入り新しくなったおすすめメニューから、季節のキムチ盛り合わせを注文しました。

季節野菜は万願寺とうがらし、ミニトマト、鈴かぼちゃの3種類で、キムチというよりお漬物という感じであまり辛くはありません。

かつおぶしがまぶしてあるため、少しだけぴりっとするおかか和えのような味でした。

鈴かぼちゃは生でも食べられるかぼちゃだそうで、初めて食べましたが、ぽりぽりと食べられるのが不思議ですが青臭さやくせなどは一切なく食べやすいです。

牛タン塩

タン塩はメニューに何種類かありますが、この日は19:30頃の来店ですでに他のタンが売り切れていました。

今回注文したのはまだ在庫のあった赤身の牛タンで、しっかりとした赤身本来の味が味わえました。

赤身ですがとてもやわらかくさくっとした歯切れでした。

究極の赤身と希少部位ランプ

別紙メニューにのっていた究極の赤身は表面をさっとあぶる程度ですぐにいただきました。

今まで食べた赤身の中で一番ではないかと思うほどやわらかくてすぐに口の中からいなくなってしまうくらいでした。

さっぱりしているのにコクやうまみはあるという、不思議なお肉なので、遊心にきたら必ず頼んでほしいメニューです。

希少部位の中からはランプを注文しました。

希少部位は、サシの入り具合や赤身加減などがメニューに書かれているので、お好みの部位を一枚から注文することができます。

希少部位 炙り握り ランプ

遊心では炙り握りも希少部位のなかから好きな部位を選んで握ってもらうこともできます。

サシと赤身のバランスがいいランプは炙り握りにしてもとてもおいしかったです。

少し感じる脂の甘みと塩のふり加減に、すだちの酸味が絶妙です。

カルビクッパ

こちらのカルビクッパはキムチ同様に辛さ控えめの日本人好みのクッパでした。

創作和食というだけあり、スープはおだしが効いていてやさしいものでした。

お肉や野菜はたっぷりなので、シメにぴったりですが、本格的な辛いクッパを求める人には物足りないかもしれません。

まとめ

遊心は表通りではなく浜町公園に面した裏路地にあるので、隠れ家のようなひっそりとした店構えですが、中に入ると活気があり店員さんも積極的に話しかけてくれます。

また、今回二回転目で入店したこともあり、売り切れのものが多かったので、お目当のものがある場合は早めの来店がおすすめです。

浜町はマンションも多くファミリーが多く住む地域なので、家族連れでの来店も多いそうなので、ファミリーの方にも安心です。

スポット 東京
Enjoy Tripをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ENJOY TRIP
タイトルとURLをコピーしました