箱根 小涌谷 蕎麦 貴賓館 登録有形文化財建造物 ゆったり 高級感

スポット
この記事は約2分で読めます。

蕎麦 貴賓館

 

箱根の小涌谷にある蕎麦貴賓館をご紹介します。

箱根小涌園の敷地内にありユネッサンのお隣に位置する蕎麦貴賓館は、築100年近くの国の登録有形文化財建造物となっている建物の中でお食事ができるお店です。

箱根小涌園内の庭園を少し登って行くとお店があり、のれんをくぐると玄関になっていて靴を脱いで中に入ります。

 

お店の方に人数と名前を伝え、お席の準備ができるまで美術館のように絵画が飾られたお部屋で待ちます。

 

店内は一軒家のような作りで部屋ごとに個室として利用でき、奥に進むと大きな部屋が個室以外のお客さんの席となっています。

席からは日本庭園が見えるので、季節ごとの風景を楽しみながらお食事ができるそうです。

お食事

メニューには海老天ざる蕎麦や鴨南蛮蕎麦、珍しいよもぎ蕎麦や軍鶏蕎麦など様々な種類のお蕎麦がありましたが、今回は天ざる蕎麦と一品料理からだし巻き玉子にしました。注文を終えるとまず先付けが出されます。こちらは日によって変わるそうですが、この日は小松菜と油揚げの煮浸しでした。薄味でだしのおいしさと素材の味を感じられます。次にだし巻き玉子です。こちらもだしがしっかりと効いているのでそのままでも十分おいしくいただけますが、お好みで添えてある大根おろしと一緒にいただくと、さらにさっぱりとします。天ざる蕎麦など天ぷらのつくお蕎麦を頼んだ場合、先に天ぷらが出てきます。ししとう、ヤングコーン、ズッキーニ、かぼちゃ、まいたけの天ぷらで、どれも衣は薄くサクサクです。天ぷらを食べているとお蕎麦も運ばれてきました。北海道産の蕎麦粉を使っていて色は白っぽく、細めのお蕎麦ですがしっかりとコシがあります。蕎麦つゆはどちらかというと辛めで甘みはそれほど多くなく、香りがよく絶妙なバランスでした。食後には蕎麦団子のぜんざいが出されます。もっちりとした蕎麦団子と甘すぎないつぶあんで、少量なので食後のデザートにぴったりです。

まとめ

蕎麦貴賓館はメニューによりますがお蕎麦としては1500円〜2500円の価格帯でお高めですが、先付けやデザートも含まれることや、日本庭園を眺めながらゆったりと食事ができるという点で納得ができるお店です。

小さなお子様連れには大広間でのお食事より個室を予約するなど必要かもしれませんが、お蕎麦以外の一品料理も充実しているので、様々な年齢層の方々が楽しむことができます。

スポット 旅行 神奈川
Enjoy Tripをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ENJOY TRIP
タイトルとURLをコピーしました